ダ イエット掲示板

甜杏仁パウダー

杏仁とは杏の種の核のことです。中国で仁じん)というのは日本語で種をさします。杏仁には二つの種類があり、ひとつは『北杏仁((きたあんにん)』といい、『苦杏仁(くあんにん)』とも言います。もうひとつは『南杏仁』といい、『甜杏仁(てんあんにん)』とも言います。食品として取り扱いが許されているのは『南杏仁』『甜杏仁』であり、苦杏仁は漢方に属します。南杏仁は中国の中南部に分布していることからこの名がついたといわれていますが、南杏仁は他の国でも分布が確認されています。別名『甜杏仁』の甜という文字は甘いという意味で、その字のとおりほんのり甘さを感じます。この甘さは、一度味わったら不思議に忘れられない懐かしさを覚え、その香りと共に広く人々に支持されるものです。杏仁は茶色の皮でくるまれていて、アーモンドに似ていることから、中国ではアーモンドと呼ぶこともありますが、全く種類の違うものなのです。



杏仁に含まれる成分ビタミンB17(アミグダリン)はすごい!
ビタミンB17はアミグダリンとも呼ばれ、枇杷の種子や葉、梅の種子などに多く含まれています。

甜杏仁に含まれるアミグダリンは100g中0.03gであり、微量なこの数字は安全な薬として注目に値する数値です。さらに、美味しく食べながら甜杏仁の有効成分を充分に摂取できることは、嬉しい限りです。

アミグダリンは、フンザ王国(長寿の秘密)の研究段階で、ドイツの医師によって発見されました。癌の自然療法のエースとして、メキシコ国境沿いの癌専門病院で使われてきました。

ビタミンB17(アミグダリン)は、アメリカでは精製されてレイトリルという製剤になり、がん治療薬として販売もされています。

特殊手法で杏仁を粉末化にすることに成功した、唯一の天然杏仁100%の粉末です。甜杏仁パウダー...
posted by Noranikki at 18:39 | TrackBack(0) | 寒天商品

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。